専門サロンならではのケアで今日も未来もキレイになって頂きたい。妊婦様の美しい素肌づくりも心を込めてサポートさせていただきます。

美容矯正・妊婦様専用マタニティエステ・ブライダルエステ・ワヤンサラマタニティでは、経験豊富で美容に精通したエステシャンを揃え、心の通う感動サービスとともに、何よりも結果でお客様のご要望にお応え致します。

ワヤンサラの美容矯正は体の内側から働きかけるので、理想のボディラインやフェイスラインが整うだけでなく妊婦様向けに厳選したメニューにより、疲労のたまりやすい妊婦様のお体を改善します。

高級リゾートなみの空間で、リラックスしながらの美容矯正・マタニティエステ・妊婦エステを実現

銀座店 新宿店 横浜店 梅田店 なんば店

こだわりは、お着替えからメイクまで本物の全室プライベート完全個室

個室

各種妊婦エステ・ブライダルエステ・ブライダルシェービングをおこなうトリートメントルームは、各部屋全てドレッサーを完備した全室プライベートを重視した贅沢な完全個室となっております。

多くの他のエステサロンは個室といっても、お着替えは移動が伴う共同のロッカールーム・お化粧はノーメイクで共同のパウダールーム・間仕切りは扉ではなくカーテン仕切り・壁があるといってもお部屋の天井に大きなすき間があり、隣の声がまる聞こえでうるさくてリラックスできなかったなど多くのお客様から残念な声を良くお聞きするようになってきました。

そこでワヤンサラは、全部屋ドレッサーまで完備しお着替えからメイクに至るご来店されてからお帰りになるまで移動が伴う事無く本当にリラックスして頂けるように自分専用の全室完全個室にこだわります。お客様は、アロマの心地良い香りが漂う広々とした完全個室空間で、ゆったりくつろぎながらトリートメントを受けることができます。

他の多くのエステサロンと違い、「マタニティエステ・妊婦エステ・ブライダルエステ専門」に特化した専門知識と即効性のある確かな技術により、当エステにご来店頂いたお客様に多くのお喜びの声を頂いております。

国連世界食糧計画(WFP)の評議員として寄付支援

3月11日、東日本大震災での大きな被害状況に心を痛め、スタッフ全員での義援金活動に加え、こういった自然災害や紛争などによる人為的災害から起こる食糧不足に対して何か少しでもお役に立ちたいという強い思いから、2011年3月31日よりWFP(国連世界食糧計画)の評議員として寄付支援を開始致しました。

WFP(国連世界食糧計画) とは
WFP は国連唯一の食糧支援機関であり、かつ世界最大の人道支援機関です。飢餓と貧困の撲滅を使命として1961年に設立が決定され、1963年から正式に活動を始めました。ローマに本部を置き、世界各地に事務所を設けています。およそ9千人の職員のうち90%以上は実際に支援が行われている途上国での活動に従事しています。2007年、WFP は80カ国において8,600万人に330万トンの食糧支援を実施。その総支出は30億米ドルに上ります。総支出の9割以上は食糧の購入や輸送など、食糧配給の受給者のために直接的に使われています。WFPの活動資金は、各国政府からの任意拠出金と民間企業や団体、個人からの募金でまかなわれています。

WWF(世界自然保護基金)ジャパンへの寄付支援

平成20年(2008年)3月31日、ブライダルエステ ワヤンサラはWWFの法人会員となりました。

ワヤンサラは年間通じて、少しでも社会にお役にたちたいという思いから微力ではありますがWWFの活動をご支援することとなりました。お客様から頂戴致しました売上の一部は、WWFへの寄付金とさせて頂きます。

今後共どうぞご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

世界自然保護基金 WWF とは
WWF(世界自然保護基金)は、約100カ国で活動する世界最大の自然保護NGO(非政府組織)です。人と自然との共存をめざして、生態系の保全から地球温暖化防止まで幅広く、世界の自然を守る活動に取り組んでいます。名誉総裁は秋篠宮文仁親王殿下、会長は大内照之。

日本赤十字社への寄付支援

人と人のつながりを大切にするワヤンサラは、災害、病気、傷害、老いや貧困などに悩む人々に少しでもお役に立ちたい・救いたいという思いから日本赤十字社への寄付支援を開始しました。

日本赤十字社 とは
世界最大のネットワークを持って活動する人道機関で、「赤十字国際委員会」「国際赤十字・赤新月社連盟」「各国の赤十字社・赤新月社」の3つの機関で構成されており、世界の186カ国に広がる赤十字・赤新月社のひとつです。赤十字マークは、戦争や紛争などで傷ついた人々と、その人たちを救護する軍の衛生部隊や赤十字の救護員・施設等を保護するためのマークです。紛争地域等で「赤十字マーク」を掲げている病院や救護員などには、絶対に攻撃を加えてはならないと国際法や国内法で厳格に定められています。つまり、赤十字マークは、いざという時にわれわれ国民一人ひとりを守るマークなのです。

ユニセフ(国際連合自動基金)への寄付支援

当サロンは、感謝の気持ちを忘れないように、少しでも世界のお役に立ちたいという思いからユニセフ活動の支援を始めました。今後共どうぞご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

ユニセフ とは
ユニセフ(国際連合自動基金)とは、150以上の国と地域で、子どもたちの命と健やかな成長を守るために活動している国連機関です。世界では、年間970万人の子どもが5歳の誕生日を迎える前に命を失い、小学校にも通えない子どもたちは1億1500万人もいます。そのほか、搾取や暴力の犠牲になったり、紛争や自然災害に巻き込まれている子どもたちもたくさんいます。皆様からお寄せいただいた募金は、世界の子どもたちの大切な子ども時代を守るために、たとえば、乳幼児への予防接種や保健、栄養、教育、安全な水と衛生環境の確保、緊急支援など、世界各地での様々なユニセフの活動に大切に使われています。

初めてのお客様専用「WEB予約フォーム」

pagetop

WEB予約